陽介

陽介 · 11-03-2019
赤松の丸太は表面をはつりながら、1本1本の癖や木の印象を見極めて、組み上げる箇所を決めて、芯の墨を付けていきます。