見えない手仕事

塩田の家の工事も順調に進んでいます。今日は完成後は見えなくなる部分をご紹介。
巾木と呼ばれる床と壁を区切る部材です。床板にしっかり留めつける事で無垢の床板との隙間も空きません。
今は壁に糊付けして貼る巾木が多いのですが、どうしても床に隙間が空いてしまうわけです。
無垢の床材ですと尚更。 
完成するとわからない部分ではありますがこんなところにも一手間かけて仕事をしています。