· 

小さな建前

今度の現場のK邸では、手刻みで梁などを加工し組み上げるため

確実に施工を進めるために、今回始めて10分の1サイズのミニチュア模型を棟梁が造っています。

 

素人目から見ていても、その細かさと再現度は一目瞭然!

まるで小さな建前です。

 

できあがった模型を見ながら納まりを確認したり、修正していき実際の木材に墨付けをしていきます。

 

ここがキッチンかな?と想像するだけでも楽しいです

丸太の切り出す部分を細かく考えながら、墨付けが進んでいきます。

 

丸太の皮を剥ぐ所からかなりの重労働らしく、今でこそ道具や重機があるものの、これを運び組み上げ家の重要な骨組みにまで造り上げていたことを思うと、昔の職人たちの技術性がどれだけすごいものだったのか、素人の私でも見ていて感動してしまいます。

 

 

 

 

まさに、『長年の経験がものを言う』今回の刻み作業。

大先輩の知恵を借りながら、作業は進みます。

 

この光景はまだしばらくは続きそうです。