· 

断熱施工≪上田市映劇≫

長野県上田市、地元で100年の歴史を誇る老舗劇場の映画館《上田映劇》があります。

椅子がふかふかだったりキャラメル味のポップコーンがあるような今時の映画館とは違いますが、ノスタルジックでレトロな館内の雰囲気は、一歩入っただけでも非日常的な気分を味わえます。

 

スクリーンスケジュールを見ても大きな映画館では上映されないようなラインナップで、ジャンルも様々。シネコンにはない良い作品に出会えるとあって、コアな映画ファンから愛されるのも納得な、スタッフ愛が感じられるとても素敵な映画館です。

 


 

老舗映画館故の特色はもうひとつ。

『冬の鑑賞は館内が結構寒くて冷えるので、ぜひ防寒対策万全で行くことをオススメします!』

なんて常連ファンからのアドバイスがあるくらい、館内は冷えます。

上映中に暖房が効きすぎてぬくぬく眠くなってしまう。。なんてことは避けられそうですが、長野の冬はただでさえ底冷えします。外気と変わらぬ寒さも100年の歴史あり、と思えば味わい深いかも、、いややはり現存の古い建物にとって、老朽化と併せて断熱は深刻な問題です。

 

そこで上田市で環境エネルギー促進の活動をされている一般社団法人NECOと上田市民エネルギーの有志団体が、上田映劇を施工モデルとして断熱改修をワークショップという形で企画しました。

巡り巡ってご縁があり、地元の工務店としてクボケイも施工スタッフとして参加させていただきました。

 

 


街特有の隣の建物とくっつきあう構造、改修を重ねた建物は隙間風がどんどん入ってきます。
そして天井も隙間だらけなのでせっかく温めた空気もすぐに屋根裏へと抜けてしまいます。
今回は主に扉の隙間対策で冷気の侵入を防ぐこと。
天井の穴を塞ぐことで暖気の流出を防ぐことをしました。
ロビーの両脇の階段室にもカーテンを設けてロビーの寒さ対策をしました。


断熱施工前は15℃だった箇所が施工後に20℃になりました!
今までよりも快適に映画が観られることは間違いないと思います。

そして何より電気代、灯油代等目に見える効果も期待できると思います。


入口正面の受付カウンターも、クボケイで作製しました。

映画のロケで使われたセットを活かしてリメイクしてあります。
周りの雰囲気に合わせたエイジング塗装にも初挑戦!

断熱工事、改装後の映劇です。素敵ですね~

なかなか今の時代に、こんなに雰囲気のある映画館ないんじゃないでしょうか。

地元の愛される施設として、応援していきたいですね。

 

クボケイとしても断熱の重要性を改めて考える、貴重な機会となりました!