· 

古き良きものを大切に《ミシン台・タンスのリメイク・修繕》

今回昔のミシン台を作業台へリメイクして欲しいというご依頼をいただきました。

家具のリメイク天板一枚変えるにしても、作り手によって色々なやり方があります。

ペーパーで綺麗にしてオイルなどを塗る、天板ごと別の板に新しく変える。。。

リメイクする際に、この家具を何十年前に家具職人がきもちを込めて作ったことを想像しながら、細かな造りの部分も見ていきます。

鉄製の足踏み部分と両サイドの収納部分のアンティークの雰囲気がとても素敵ですよね。新しい物にはない、永く使われてきた物だからこその落ち着いた雰囲気。

それを活かした作業台をイメージして、リメイクすることにしました。


収納部分を使えるようにするために天板の抜けている部分を埋めてオークの突板を貼り、色を合わせた着色ウレタン塗装で仕上げました。


リメイク部分の天板と既存部分の色合わせを丁寧にすることで、ボロボロだったミシン台もまた別のひとつの家具として生まれ変わります。

お施主様にも喜んでいただき、嬉しい限りです。


一緒にご依頼いただいた古いタンスの引き出しの欠けも、リペアで修繕しました。

取れていた取手も似たものを付け替えて、完成です。


ちょっとした修繕ですが、全体が綺麗になると家具として存在感が増しますね。

クボケイでは家具の小規模な修繕から、今回の記事のようなリメイクも可能です。

もし思い入れのある家具などありましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。